インナードライを改善する化粧水

■インナードライ肌の改善に効果的な成分とは?

 

インナードライ肌というのは文字通り、インナー(肌の内側)がドライ(乾燥)な状態の事です。

 

なぜ肌の内側が足らないのかというと、肌に保水成分が足りないからです。

 

■インナードライ肌に足らない保水成分とは?

 

お肌の内部にはいろいろな保水成分がありますが、水分を維持するという観点から見ると、最も足らない成分は「セラミド」です。

 

ですからインナードライ肌の方は、セラミドが入っている基礎化粧品や、セラミドを肌に作るサポートをする成分が入っている基礎化粧品を選ぶとよいでしょう。

 

セラミドにもいろいろと型があります。合成セラミド、人型セラミドなど、セラミドを形成する組織によって分類されています。

 

セラミドの中でも最も保湿力が高いのが人型セラミド。これは人の肌内にあるセラミドと同じ組織を形成しているもので、合成セラミドと比較すると保湿力がその3倍あるといわれています。

 

ですから、インナードライ肌の改善にはセラミド入りの基礎化粧品が有効なのですが、その中でも「人型セラミド」が配合されているものを選びましょう。

 

また、セラミド生成能力を助ける成分であれば、肌内には人型セラミドが増えていきますので、効果は同じです。

 

本サイトでは、以下のページに人型セラミド配合の基礎化粧品、セラミド生成力を助ける成分配合の基礎化粧品をご紹介していますので、良ければ参考にしてみてください。

 

肌内部にセラミドを増やす基礎化粧品ランキングはコチラ

 

 

インナードライを改善させたいのであれば、セラミド入りの化粧水を使うようにしましょう。セラミドとは、肌や髪の潤いに欠かせない成分となります。セラミドはもともと人間の体内にあるものですが、年齢や気候と環境の変化によって減っていってしまうことが分かっています。そうなると肌に潤いがなくなり、カサカサ肌になり、インナードライになってしまうので、積極的に化粧水を使って補ってあげることが大切です。このようにインナードライを改善させたいのであれば、セラミドが含まれている化粧水を使うことが効果的です。普通の化粧水とセラミド入りの化粧水の違いとしては、その蒸発率にあります。普通の化粧水は肌につけてもすぐに水分が蒸発してしまい、肌が乾燥しやすくなってしまいますが、セラミドが配合されていれば、肌から水分が蒸発することを防ぐ働きがあるので、高い保湿力を期待できます。さらにセラミドはしわやしみの改善にも効果があるとされているので、そういったことが気になる人にもおすすめです。セラミドが配合されている化粧水を選ぶ際には、インナードライが改善できるようなものを選ぶことが必要不可欠ですが、その中でもセラミドは天然であるものを選びましょう。人間が一番吸収しやすいのは、やはり天然のものになります。さらにセラミドだけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸が同時に含まれているものも選べば、相乗効果でインナードライを改善しやすくなります。