肌の内側がカサカサ|インナードライを治したい方へ

■肌の内側はなぜカサカサになるの?

 

肌が乾燥すると、表面は白く粉を吹いたり肌荒れを起こしやすくなりますが、表面だけでなく内側にもトラブルが起こります。

 

本来は肌の表面は角質細胞によって覆われていて外の刺激やアレルギーから肌を守るバリア機能となっていますが、乾燥肌になると角質細胞の水分が不足するために細胞はシワシワになり、細胞間に隙間ができてしまいます。

 

その隙間から刺激となる成分が侵入し、肌はアレルギー反応を起こすのです。また、隙間から肌の内側の水分がどんどん蒸発してしまうために肌の乾燥には拍車がかかってしまいます。それが、カサカサの原因となります。

 

■カサカサ対策には化粧水

 

肌の内側がカサカサする場合には、化粧水を使って徹底した保湿ケアをすることが必要となります。

 

化粧水は表面だけでなく内側までしっかり浸透させるため、重ねづけをすることもおすすめです。

 

また、化粧水に配合されている成分の中には、一つ一つの細胞の内側を水分で満たしてくれるヒアルロン酸や、細胞間の隙間を水分で満たしてくれるセラミドなど、高い保湿作用を持つ成分もたくさんありますから、成分によって化粧水を選びましょう。

 

■肌のターンオーバーを改善

 

カサカサを予防したり症状軽減のためには、新陳代謝によって肌の内側から新しい細胞の生成を促進することも大切です。

 

新陳代謝は眠っている時間にしか行われないので、できるだけ毎日睡眠時間はしっかり確保するようにしましょう。

 

また、お肌のゴールデンタイムと呼ばれている夜10時から深夜2時までは、しっかり熟睡して表面のカサカサ角質を落とし、内側から新しい細胞が作られるように心がけることもおすすめです。

 

インナードライを治す基礎化粧品ランキングはコチラ