乾燥肌でインナードライ肌の方へ

■インナードライはなぜ起こる?

 

肌表面は皮脂分泌が活発でベタベタするのに、内側はカラカラに乾燥しているという肌を、インナードライ肌と呼びます。これは乾燥肌の一種で、肌の乾燥によってバリア機能が低下し、水分が不足している分を皮脂によって補おうと、肌が皮脂分泌を活発にしている状態です。

 

インナードライ肌は一見するとオイリー肌のようにも見えますが、洗顔後に顔がつっぱりやすかったり、部分的に白く粉吹き肌になるなど、乾燥肌の特徴もあります。

 

また、バリア機能が低下しているためにわずかな刺激でもトラブルを起こしやすいという特徴があります。

 

■対策は化粧水で保湿ケア

 

インナードライ肌のケアは、化粧水で徹底した保湿ケアが必要です。肌表面が極度に乾燥しているので化粧水を使う場合には何回か重ねづけして内側までしっかり浸透させるようにしましょう。

 

肌のターンオーバーの周期と合わせて内側から新しい肌細胞が生成されるので、少しずつ肌質が改善できます。化粧水を選ぶ際には、保湿作用の高いヒアルロン酸やセラミドなどが配合されているものがおすすめです。

 

中でもセラミドは、細胞間の隙間を水分で満たしてくれるので、バリア機能改善効果も期待できます。

 

■効果的な化粧水の使い方

 

インナードライ肌は一朝一夕で解決することはできません。

 

しかし、毎日の化粧水の使い方を少し工夫することによって、早期に乾燥肌を解消してモチモチ肌へと改善することができます。そのためには、肌が乾燥するスキを与えず、洗顔後にはタオルドライせずに化粧水をそのままつけるという方法が効果的です。

 

タオルドライをすることによって肌の乾燥はスタートしてしまいます。

 

インナードライに効果のある基礎化粧品はコチラ