混合肌の治し方

■部分乾燥の混合肌を治したい

 

頬や口周りは乾燥するのに、おでこだけギトギトしていたり、鼻が脂っぽかったりというような混合肌で悩んでいる人も多いと思います。

 

顔の中でも、場所によって皮膚の厚さも異なりますし、毛穴の数や皮脂腺の活発度も違いますので、混合肌のような部分的な違いが現れてもある程度はしかたがないのですが、スキンケアで肌内部の保湿バランスを取ることによって、改善できますので、気が付いたときにしっかりと対処してください。

 

■混合肌のスキンケア

 

混合肌のスキンケアで大事なのは洗顔と保湿です。

 

まず洗顔からですが、保湿成分入りのものを使い、洗顔後に乾燥させすぎないようにしてください。

 

潤い成分配合で泡立ちの良い洗顔石鹸を選び、ごしごし荒いはしないこと。

 

保湿は、肌の内側を潤し、水分バランスがととのうものを選びましょう。

 

そのためには、保湿力はもちろんですが、浸透力にも気を付けて化粧水を選んでください。浸透力が高い成分は肌の内部にとどまり、水分をキープすることで潤いを持続させることができます。

 

このように肌内部の保湿場rン酢を整えることで、部分的に肌が乾燥したり、脂ぎったりする混合肌の症状が治まってきます。

 

本サイトでは、インナードライや混合肌の症状を改善できる、浸透力が高い保湿成分を配合している基礎化粧品を以下のページでご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

インナードライや混合肌を治したい|奥まで潤す基礎化粧品はコチラ

 

 

 

そのような混合肌の場合、インナードライが原因である可能性が高くなっています。インナードライは放っておいても治るものではないので、化粧水を使って対策を取っていきましょう。特に皮脂が多い場所にセラミドが配合されている化粧水をたっぷりつけることで、混合肌やインナードライは改善することができます。セラミドは天然のものの方が、より効果を発揮するので、そういったものを選びましょう。混合肌の場合、化粧水も乾燥肌タイプが良いのか、脂性肌タイプが良いのか迷ってしまうこともあるかもしれませんしかし、インナードライの場合ではその原因は乾燥であることが多いので、乾燥肌タイプを選びましょう。さっぱりタイプとしっとりタイプの両方がある場合には、しっとりタイプを選びます。さっぱりタイプだと潤いが足りず、すぐに乾燥してしまうということも起こりやすいので、注意しましょう。混合肌やインナードライは体質的なものだから治らないと諦めてはいませんか?適切な化粧水を毎日使用することによって、少しずつではありながら、確実に混合肌とインナードライは治すことができます。まずはしっかり肌を保湿してあげることから始めましょう。肌が乾燥するとあらゆる肌トラブルが起こりやすくなるので、その予防のためにも毎日化粧水を使ってきちんと保湿をすることが大切です。